コンパラについて

コンパラ「コンパラ」とはツツジ科の「ナツハゼ」の信州青木村周辺での俗称です。
日当りの良い松茸山などに自生し、現在では希少な植物です。
その実は「山の黒真珠」とも呼ばれ、アントシアニン(目の疲労回復や血液浄化作用)等ポリフェノールがベルーベリーの2~3倍含まれています。

青木村では古くから親しまれているこの実をジャムにしてみました。
是非お試しください。